南山病院 > 病院紹介 > Vol2:どんな症状の時に受診するの?

精神科の病気は意外と身近です。 広く知られているものでは、うつ病や統合失調症、認知症などが挙げられます。

心の悩みは誰にでも多かれ少なかれあるので、 ストレスや体調不良などの様々な要因が重なって病気になる可能性はどんな人にもあります。
また、脳の機能障害と関連している病気もあります。


star対象となる主な症状(精神科外来)star

maru眠れない

(寝つけない・夜中に目が覚めてしまう・早朝に目が覚めてしまう・熟睡できない等)

maru原因不明の身体症状がある

(だるい・疲れやすい・めまい・頭が痛い・動悸・胸部の圧迫感・手の震え等)

maru精神的につらい状態が2週間以上続いている

(不安・イライラ・焦り・気分が沈む・意欲や興味が持てない・集中力低下・死にたくなる等)

maru食事がとれない、または、食べ過ぎてしまう

maru不快な音や言葉が聞こえることがある

(耳障りな音・悪口・命令等)

maruいやなことが自分の身に起こっていると感じる

(誰かに見られている・物を盗まれる・食べ物に毒が入っている等)

maru行動や気分の変化がある

(言動がまとまらない・無関心・無頓着等)

maru物忘れの症状がある

(物事や人の名前を忘れる・日時や場所が正しくわからない・徘徊・物忘れの自覚がない等)

(その他、当院は禁煙外来を設置しており、「ニコチン依存症」の治療も行っています)



メンタルに関する症状を感じたり身近な人に勧められたりしても、受診には抵抗を感じるという方がほとんどではないかと思います。

ただ、早く治療すればするほど治りやすいのはどんな病気も一緒で、 長く放置すれば糸は複雑に絡まり解きほぐすのも大変ですが、 早く対処すればするほど絡まった糸は解きやすく、 また解ける時間も短くなります。

つらい症状にお困りの時にはぜひ一度「治療が必要かどうか」だけでも確認するために診察を受けてみてはいかがでしょうか。

受診についてのご相談や初診のご予約は、 当院地域医療相談室(098-994-3660)の精神保健福祉士という専門職のスタッフが対応いたします。 お悩みの症状があればお気軽にご相談ください。