病棟案内

当院の設備と医療機器をご紹介します。当院では常に清潔を保ち、患者様に気持ちよく過ごしていただけるよう心がけております。

精神科病棟

でいご病棟:療養病棟(旧館4階)

症状が落ち着き、社会復帰を目指す患者さんのお手伝いをしています。
でいご病棟では社会生活技能訓練(SST)に力を入れており、できるだけ早く患者さんが自宅やアパート・施設等に入所、社会復帰できるよう心理療法(自身の病気についての理解を深める)や日常生活に必要な事柄(バスの乗り方の訓練など)について支援しています。
患者さん及びご家族の皆さまが満足できる退院・社会復帰の方向性を見つけ出すべく日々努力しております。

さくら病棟:急性期治療病棟(新館5階)

集中的な治療が必要な患者さんを対象に、入院・治療を行います。
約3ヶ月以内の入院期間を目安に治療し、円滑に社会復帰・社会参加することを目標としております。

ゆり病棟:療養病棟(新館6階)

長期の入院治療が必要な患者さんを対象に、治療・看護を行います。
入院生活技能訓練(SST)に力を入れており、できるだけ早く患者さんが日常生活に必要な技術を身につける(セルフケアの習得等)よう支援しています。
 

認知症病棟

みのり病棟(新館3階)

みのり病棟は認知症の症状が進み精神症状や問題行動(周辺症状)のためにご家庭での生活が困難な方が対象です。
【 生活機能訓練を充実させ療養者様のADL(日常生活動作)を拡大すること】 
【 生活者としての老年期を理解し、できる生活行為を引き出し、QOL(生活の質)を高めること】
を目標とした治療・看護活動を行っています。
また、みのり病棟及び認知症デイケアきららでは、4ヶ月に1回、家族会を開催しております。
当院医師等関係スタッフが認知症の治療、ケア、介護保険、社会福祉等についての講話を行っております。 
ご家族のお悩みやご相談、ご家族間の交流を行うことで療養者様や病気(障害)への理解を深めることを目的に活動しております。