1.はじめに

1.はじめに
南山病院では、平成19年5月1日より敷地内全面禁煙が施行され、同時に禁煙外来が開設されました!!!
病院の禁煙は普通なのでは?と思われる方も多いかと思います。 
ただ、精神科では一般的に「患者さんの気持ちを落ち着かせるものとして喫煙は有効」と考えられており、 南山病院でも禁煙はきわめて困難・・・というより「不可能」と思われていました。
しかし、
●人体への影響
(未成年の患者さん・喫煙されない患者さんにとって受動喫煙は大迷惑!)
●火災発生への懸念
(昼夜を問わず、たくさんの患者さん・職員が院内に・・・)
●被災時に全ての患者さんを安全に避難させることができない可能性
(夜には睡眠薬を服用されている方もおられます)
●精神科のイメージ低下
(多数の患者さんが玄関前でスパスパ・・・の光景から受ける印象は、「こわい」などの精神科への偏見を増長させかねないものです)
など、タバコに起因する危険に危機感を持っていた院長の大号令により、平成15年から病院禁煙を目指すことになりました。